西部のお取り寄せ、お取り寄せ品

【お取り寄せ品】しまんとターキー300g |大野見七面鳥生産組合.

しまんとターキーは、希少な国産七面鳥です! 
 
  
しまんとターキーは、西日本では高知県中土佐町大野見だけで飼育されている希少な国産七面鳥です。

日本最後の清流といわれる四万十川の源流に位置する大野見で、自然飼育された「七面鳥の味」を
とさもんセレクションはご家庭までお届します。
 
 
   みなさまに知って欲しい、しまんとターキーのこと!!
 
高タンパクで、低カロリー・低脂質。でも満足感のある食感で、お肉もジューシー!!
健康志向の方にも楽しんでいただけるお肉、それが七面鳥(しまんとターキー)です。
   
100gあたり
  カロリー (kcal) たんぱく質 (g)  脂質(g) 
牛肉   371  14.4  32.9
豚肉  386  14.2  34.6
鶏もも肉  200  16.2  14.0
鶏むね肉  191  19.5  11.6
七面鳥肉  106  23.5  0.7
  • オススメ

しまんとターキーは希少な国産七面鳥です。

日本最後の清流と言われる四万十川の源流に位置する大野見で、自然飼育された「七面鳥の味」をご家庭で是非お上がりください!

七面鳥肉は淡白で柔らかいのが特徴です。高タンパク低カロリーの美味しい食材です。
原材料 国産七面鳥肉
内容量 300g
お届けの状態 :冷凍
保存方法 冷凍
賞味期限 冷凍のまま1年、解凍後はお早めにお上がりください
生産地 高知県高岡郡中土佐町大野見
生産者 大野見七面鳥生産組合
関連市町村 中土佐町 注文の承りは、12月8日までとさせていただきます。また、商品のお届けは12月22日から25日の間で指定をお願いします。
商品コード: ODROTROS-smt300
販売価格:

1,500

円(税込)

数量
  生産者が愛情いっぱいに育てています!
     
    七面鳥の飼育は1年サイクルで回ります。
3月に生まれた卵は孵卵器という化装置に入れられ
約1か月後にヒナが誕生します。
ヒナは寒さに弱いため、6月頃までは飼育箱に布団をかけるなど毎晩の温度管理が欠きません。
この時期は、生産者にとって最も気を抜けない時期です。
   
     
  しまんとターキーは、餌にこだわっています!
     
    四万十川を源流とする大野見の水、空気そして豊かな風土が七面鳥をのびのびと育てます。

また、食材目的での飼育種は飼育方法、特に餌料によって食味食感は大きく変化します。
鶏用配合飼料に、ニラをはじめとする地元野菜や米をふんだんに与えて、四万十流域の水で育てていますので、ジューシー食感も豊かです    
     
大野見の七面鳥生産は、30年以上の歴史があります!  
     
    高岡郡中土佐町大野見は、漁師町土佐の一本釣りで有名な土佐久礼から車で山間に入り高知県道41号線を約15分車で走ったところにある人口1,600人の山間部の村です。

大野見は、日本最後の清流と言われる四万十川流域に位置しており、その豊かな風土は神経質な七面鳥をのびのび育てる環境に適しています。

多い時には十数軒の農家が七面鳥を飼育し、中土佐町の特産品としてクリスマスシーズンなどに出荷してきましたが、、高齢化が進み廃業する農家が増え、10年ほど前からは生産者は3軒になりました。生産者でつくる「七面鳥生産組合」も存続の危機になりました。

そこで、高知県の補助金などを活用して孵卵器を導入し、中土佐町内のイベントにも積極的に出店するなど地道に飼育を続けています。

現在では3軒の農家が、年間約300羽を孵化から飼育・出荷までのすべてを地区内で行う「完全地域生産方式」に取り組んでいます。